腸詰屋 本社 (株式会社 ぐんらく)


誰でも出来る、チョコレート店の紹介

出店希望の方、協力いたします。又、チョコレートの研究室を準備しています。


■ヨーロッパ発の食文化を軽井沢の地に伝えたい

 経営母体の鰍ョんらくは、軽井沢を中心に手作りのハムやソーセージの製造・販売をする「腸詰屋」を展開。チョコレートとのつながりは意外に思えるが、ヨーロッパの伝統的食文化という側面から考えると、そう突飛な発想でもない。「たとえばドイツ人にとって、ソーセージとチョコレートはどちらも食生活に欠かせないもの。軽井沢を訪れるお客様の中には、ヨーロッパを旅してあちらの食文化に触れた経験のある方も多いので、違和感なく受け入れていただいているようです」とは、鰍ョんらく企画部部長、服部裕介さん。服部さん自身、ドイツでの生活を経験し、ヨーロッパの食文化の素晴らしさを日本に伝えたいという思いが強い。腸詰屋が育んできた本物の味を、今度はチョコレートでも味わってもらいたいと考え、縁のあった大手チョコレート原料メーカー、スイス・フェルクリン社(代理店・日本シイベルヘグナー)にアドバイスを求めたという。技術面でも同社のスイス、横浜の両研究所で徹底した指導を受け、1年ほどの準備期間を経て、ショコラデンブルグのオープンを迎える。この成功の後には、次にどんな食文化を持ち込んでくれるのか興味深く見守りたい。